前世療法・催眠療法

わたしたちの潜在意識は無限の可能性を秘めています

自分の人生の方向性がわからない、何をしたらいいのかわからない、という人がいます。自分のするべきことが思いつかないというのです。この状態では、ふりかかる運命にふりまわされます。羅針盤を持たず、海図を持たず、航海に出る船のごとく、運命という海の中に右往左往するかもしれません。運を創るとは、立志発願するということです。誰でも、自分が望むことが必ずあるのですが、それが封印された状態になっていることがあります。幼児期の環境、その後の生育環境、特に二十歳までの生活環境の状態が自由な魂の発露を封じているのです。このことにまず、気づくことが大切です。これは、多くの人で多かれ少なかれ見られる状態です。自分で自分にある種の制限をかけていて、自分に限界を設けているのです。その制限、限界とは、自分が思い込みで作った、まったくの幻想に過ぎないものです。できると信じるならば、潜在意識は、そのための道筋を創造し、能力を高め、実現のための人の縁を結んでくれます。したがって、自分に設定された制限、限界を廃棄すること、自分に仕掛けられた封印を解き放つことが、人生の流れを変えていく鍵となります。静かに自分の意識を見つめると、意外な制限が、自分を縛っていることに気がつくかもしれません。その制限をとれば、もっと可能性が広がります。もっと、あなたは自由になれるでしょう。前世療法がそのきっかけになるかもしれません。それは人生がより幸せになり、より豊かになり、喜び多い、生きがいに満ちたものになるということです。誰にでも可能なことです。

開運するアファメーションの創り方

自分だけのオリジナルのアファメーションの創り方について解説します。例えば、こんな悩みがあったとします。「結婚できたとして幸せな家庭を築く自信がありません。」引き寄せの法則でも知られているように、自分が信じたとおりに運命がめぐってきます。レストランでオーダーした料理がやってくるごとくにです。上記のようにオーダーしている限り、そのとおりの結果しかでません。正しい注文の仕方はこうです。「私はすてきな男性と結婚して、幸せな結婚生活を送ることができます。子供にも恵まれます。ありがとうございます」このアファメーションを毎朝毎晩、自分に言い聞かせていくことで、潜在意識を変えていけます。次はこんな悩みの場合です。「結婚するより独身のままでいたほうが幸せなのではないかと思ってしまいます。経済的に苦しいし家事をこなせる自信がないです。」上記の料理の注文も間違っています。正しい注文の仕方をしていきましょう。「私は結婚することでいっそう幸せになれます。結婚するとお金にめぐまれて豊かに暮らせます。夫は家事が得意なので、何でも喜んで手伝ってくれます。毎日とても幸せです。」次の悩みはこのようなケースです。「以前の結婚生活は精神的に苦しい生活でした。再婚できたら、すぐに子供を授かりたいのですがそれも心配です。」これも正しいアファメーションの仕方はこうです。お祈りバージョンで書いてみましょう。「私がすてきな男性と結婚できるようにお守りくださり誠にありがとうございます。結婚したらすぐに子供が授かるようにお守り下さり誠にありがとうございます。幸せな家庭を築けるようにお守りくださり誠にありがとうございます。」このお祈りを毎朝毎晩してください。このように具体的に問題を自覚し、そこからアファメーションを創ったり、お祈りのセリフを考えるとよいのです。皆さんもそれぞれ実践して見て下さい。

関連ページ

夢や希望が湧かないときにどうすればいいか
前世療法を医師が施します[医師による前世療法]催眠療法は医師から受けることが最善です。