前世療法・催眠療法

自分の思い描いたとおりに人生は展開する

夢や希望が湧かないときにどうすればいいか。「自分の思い描いたとおりに人生は展開する」という法則を理解して「幸せになる方法」がわかっても、夢や希望がないと進みようがありません。「何を思い描くか」「何を自分の幸せとするか」で
人生は決まってしまいます。「立志発願」ができない状態の人は、最初は自分の心の創造活動に自信をもてるようにする必要があります。あきらめの境地になるのは「できる」と思えないからです。「できる」と思えないゆえに、あきらめることで、自分を納得させているのです。もし、すぐに叶うことが約束されていれば、あれもしたいこれもしたいのが人の自然な姿です。すぐに叶わないどころか、自分には無理だと思い込むために意欲を失ってしまうのです。誰でも無限の可能性があり、それを確信するとそのとおりの働きを潜在意識がしてくれるのですが、実際の事例を見聞しないとなかなか信じられないようです。

「学びて思わざるは暗し、思いて学ばざるは危うし」

論語という古典にこういう言葉があります。「学びて思わざるは暗し、思いて学ばざるは危うし」。知識があってもそれを自分の身にあてはめて応用しないなら、何も知らないのと変わらない。また、自分の経験だけに頼って勉強しないならば、独善に陥るので、危険な結果になる。という意味の言葉ですが、自分の無力感やあきらめがでるのは、自分の本当の可能性、「できる」ということを知らないからです。それはこれまでの人生でたまたま成功体験が少なかったり、失敗体験が多かったりしただけのことでしかなく、それ自体が一つの悪い思い込みです。悪い思い込みを、良い思い込みに変えると、潜在意識のもつ創造活動が始まり、人生を変える無限の力が発揮できるのです。では、どうやって思い込みを変えるかですが、成功者の人生物語を読むことです。

偉人伝から成功事例の実例を多数学ぶ

さまざまな偉人伝、あるいは、『自助論』(サミエル・スマイルズ)などの古典を読み、まず知識をつけて、自分の思いこみを変えましょう。本を読むのは、毎日寝る前の三十分をあてて、それだけは毎日やってみましょう。15分でもいいので、まずはそこから開始してください。夢や希望が湧かない人は、これまではジャンクフードのようなものを潜在意識に入れていただけです。これから高栄養なものを潜在意識に与えることで、人生は好転し、幸福感の多い、充実したものに変わります。自分の日常で触れるものを、できる限り、すばらしいものにしていく、すばらしいものを選んでいくことは、潜在意識を良い方向に育てることにつながります。すばらしい音楽、すばらしい映画、すばらしい本など、目や耳から入ってくるものを、できる限り、良質のものにしていくことが大切です。

読むもの、目にするものは潜在意識の栄養にも毒にもなる

子供に偉人伝をたくさん読ませることは、子供の人生を成功へと導きます。それは偉人伝を読むことによって、潜在意識の中に成功者のパターンが浸透するからなのです。子供に限らず、何歳になっても、このような読書というのは、潜在意識の栄養になります。有意義な読書を日々実践していると、夢と希望がどんどんわいてくるようになります。

関連ページ

主体的な意志を持つことが開運の鍵
運を創るとは、立志発願するということです。誰でも、自分が望むことが必ずあるのですが、それが封印された状態になっていることがあります。