前世療法・催眠療法

魂のガイド、守護霊の働きとは?

守護霊とは、前世療法において魂のガイドとして説明されている存在であり、この時代に生きる人なら誰にでもついています。すでに高級霊となっている魂の先輩が後進を育成する家庭教師の役を担う仕組みです。人類の長い歴史の中で現在のような仕組みになりました。守護霊は天国界の住人ですので、完全円満な理想的人格です。そうでなければ死後、天国界には入れません。誰からも好かれる人格をもち、聡明で悟りがあり、先を見通して人を導かれます。生前も立派な生き方をして人を助け幸せにし、社会的にもそれなりの足跡を残して、他人の何倍もの精進努力を重ねて、地位や名誉や権力も得ていた人たちです。しかし、その地位も名誉も権力もすべて、人様の幸せのためだけに活用し、私心なく生きた人です。ですから、亡くなってまもない身内が守護霊になることはほとんどありえません。父母、祖父母、伴侶などが魂のガイドになることはまずないということです。

 

この世で足跡を残した偉人が守護霊となる

なお、心だけ立派でも、地上で足跡を残せない場合、また、生まれ変わり修行をやり直さないといけません。本当の悟りとは実行の足跡になって現れるものだからです。ですので、地上世界に足跡を残さなかった守護霊は存在しません。歴史上で有名か無名かは別にして、必ずこの世の苦労を乗り越えて、なんらかの善行や慈善事業や社会的活動を残した人ばかりです。修道女や神官や禅僧ばかりではなく、領主や王様や代官や庄屋さん、商売人、教師や医師や芸術家などその職歴もさまざまです。守護霊に匹敵するほどの心がけがあるなら、守護霊の応援はあふれるごとくふりそそぎ、運勢は順風です。

 

努力した時にはじめて応援してくれる

しかし、一般的に私たちは、自分なりにがんばっていても神仏の目からみればぜんぜん足りないのです。そこを謙虚に反省し、いっそうの精進努力を守護霊に誓いなおすことから、始める必要があります。守護霊は守る人を支配してはいけない約束です。正しい努力がないのに幸運を授けたりはしませんし、怠け者を先へ先へ導いたりはしてはいけないのです。そういうことをするのは邪霊であり悪霊です。悪霊は人間を支配しようとしてあれこれ干渉します。本人の精進努力がないと守護霊は応援できないのです。また、本人が神仏や守護霊に意識をむけて祈るときはじめて具体的に動くことができるのです。

 

祈りと努力が天佑神助を引き寄せる

人が真心を尽くして誠心誠意の生き方で精進努力をしているならば、祈りがなくても、その志をとげさせるように必ず護ってくださるのです。そのような人が祈りをささげて行動するならば、なお、いっそうの加護があるのが当然です。守護霊の加護を十分に得られないとしたら、それは、感謝より不平不満が多く、愛するよりも憎悪が多く、自分を反省するよりも周囲を責めているからです。心がけを改めればもっと状況がよくなります。守護霊の応援も神様の加護も、もっと増えてきます。うまくいかない原因を自分の外側に見つけようとしていると、守護霊とは波長があいません。自分は悪くなくて、家庭環境が悪い。自分は悪くなくて、親や周囲が悪い。自分は悪くなくて、会社の同僚が悪い。このようにすべての原因を自分の外部において、自己正当化をはかろうとしていると、ついには神仏や守護霊が悪いのだという方向にさえ向かいます。

 

すべては我が不徳の致すところ

このように責任を外部におしつける限り、自分の理想を永久に実現できません。なぜなら、人生を決定する要因がすべて外部におかれているからです。外部要因が自分を支配しているなら、運命の奴隷です。この思考法は何でも人のせいにできるので、気が楽かもしれませんが、自分の人生の決定権はすべて自分以外の存在にありますので、そのような潜在意識のあり方では運命を自分の意図するようには変えられないです。不本意な出来事や環境への、正しい受け取り方は「すべては私の不徳の致すところで」というものです。自分の心がけに何が足りないからうまくいかないのか、自分の考え方に何が足りないから人に好かれないのか、自分の内面的なあり方を反省し、内面から、自分を変えていく努力をしなければなりません。

 

魂を磨くため生まれてきている

すべては因果応報なのだから、自分の人格を磨き、完全円満な理想的人格をめざし、神仏の境地に近づく工夫を重ねる必要があります。そうして、自分の霊格が高まれば、良い引き寄せが起こりやすくなります。なぜなら、「良いこと」しか思わないから、「良いこと」しか起こらないのです。この状態が守護霊がもっとも動きやすい状態です。ものごとをどう受け取るかで次の引き寄せが決まります。コップの中に水が半分あるのを見て、「もう、半分しか残りがない、最悪だ」と受け取るか、「まだ、半分も残っている、よかった幸いだ」と受け取るか。マイナスに思えば次の引き寄せもマイナスに。プラスに思えば次の引き寄せもプラスになります。事実は同じでも、受け取り方が未来を変えてしまうのです。「試練を乗り越えて、努力を積み重ねる、その真心が守護霊や神様を動かすのだ」ということを悟っていたら、「むしろ実現までの困難が多ければ多いど、それをのりこえた後の守護霊や神様からのご褒美が多いので、とてもありがたいことだ。」と、すべてを感謝で受け止めることができるのです。

 

ほんとうの守護霊はお告げなどしない

また、いろいろ不本意な出来事があっても、「こうして大難が小難となって、業ばらいをさせてもらっているのだな。これでいっそう開運が近い。ありがたいことだ。」とすべて感謝で乗りこえることができるのです。守護霊をもっと動かし、その応援を引き出し、人生を大きく大転換して理想実現するための極意です。なお、巷の霊媒者による守護霊のメッセージと称するものはほとんどが邪霊のまやかしであり、信用してはなりません。なぜなら、守護霊はお告げやメッセージを原則、禁止されているからです。守護霊の加護と応援は自然な出来事の中でなされ、不思議はありません。ごく自然のうちに物事がすいすいと好転するのです。自然に運が良くなり、そこに不思議やオカルトはありません。

 

 

関連ページ

人間としての努力が足りているか?
人間としてなしうる最善を尽くし、あらん限りの努力(つまり真心)を尽くすのです。あらゆる事態を想定して対策を講じておくはずです。そこまでやって始めて、「絶対に大丈夫だ」と思えるのです。
物事の良い面に焦点をあてる
良いことに意識を集中させると良いことが自然に増えていくのです。潜在意識をうまく活用する時の最大のポイントです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
未来世療法 生まれ変わりの法則 潜在意識の働き 自己実現と魂の進化