前世療法・催眠療法

心理療法の源流としての仏教

仏教は、心理療法の世界に内観療法や、マインドフルネスなどの概念を与え、その発展に大きな影響があった哲学的な宗教です。内観療法は心療内科の分野で活用されていますし、「ACT」という心理療法では、仏教哲学(禅など)に由来する「マインドフルネス」を重視しています。「執着」という言葉も仏教に由来する言葉です。執着は良くないと仏教は教えているわけですが、心理療法の立場から言えば、「過度な執着は良くない」という表現になります。つまり、過度でなければ、執着も認めてよいということです。ただし、そのことを自覚し、コントロールできているということが前提です。拙著『前世療法 医師による心の癒し』では、心のコントロールによって、うつ、パニック、不安などを薬に頼らずに改善できる方法をわかりやすい言葉で解説しました。

正しい想念のj継続

そのひとつが、自分の思考と感情をたえずもう一人の自分が、冷静な目で観察する心理状態を維持していくことでした。この自覚している自分を、禅の言葉をかりて「御主人公」と表現しました。もうひとつは、「刻々に志を立てる」というものでした。これは、自分の主体的な意志がたえず働いている心理状態の維持です。そして、三つ目は、マイナス思考やマイナス観念が出るひまがないほど、刻々にプラス思考とプラス観念を創出していく技法でした。これは江戸時代の白隠禅師の言葉、「正念継続」と同じ主旨です。目前のことがら、作業などへの意図的な「没我没頭」も双璧をなす技法としてこれとセットで解説をしました。目前の体験に注意を集中することは、想念転換を可能にし、否定的な想念を手放すことにつながります。つまり、私が患者さんに指導しているセルフメンタルケアは、きわめて仏教思想(特に禅思想)に近いともいえます。これは欧米で、今、普及されつつある、認知行動療法に代わる新しい心理療法「ACT」とも重なっているところも多いのです。

ACT

ACT(アクト)は、アクセプタンス&コミットメント・セラピーのことです。1990年代末から普及されはじめたセラピーで、臨床行動分析的療法ともいわれます。ACTもまた仏教思想をベースに生み出されたセラピーであり、認知行動療法でも改善しないうつ病の患者がこの手法で救われています。マインドフルネスを重視しているのがACTの特徴です。マインドフルネスとは「気づき」という意味です。正確には、今の現実をあるがままに受け止め、それに対する思考や感情にはとらわれないようにする心の持ち方です。マイナスの事柄から意識が離れない人、過去の嫌な記憶に縛られている人、やる気がでないといつもゴロゴロして何もできない人、特定の人間関係への過度な執着から離れられない人、こういった人は、実は、マイナス状態に執着しているだけなのです。マイナス状態に自分を縛り付ける努力を無意識にしているのです。この状態は習慣化されてしまっているので、これを変えるには、意図的に新しい習慣を育てることが必要になります。その場所を自分で出てくる時、心の自然治癒力が作動します。意識化されて、内的に悟れたら脱出は可能です。頭ではわかっても、どうしても動き出せない人もいるでしょう。そのような人の心のスイッチを入れるのが、前世療法などの催眠療法です。

心の筋力アップと心理療法

私は意志力が弱いとか、気力が低下して…と、悩んでいる人は、もしかしたら、肉体の疲労が重なっているのかもしれません。まずはよく眠り、栄養価の高いものをしっかり食べて、休むことです。生活リズムを修正することも必要かもしれません。また、精神的なストレスがたまっている場合は、スポーツなどの運動でカラダを動かしたり、カラオケなどで大きな声を出すことも、ストレス解消に役立つものです。しかし、そういった当たり前の努力をしても、それでも気力が出なくて、一日中横になっているとか、あるいは身の回りのこともできなくてゴロゴロしているという、悩みを持っている人が結構います。特に、抗うつ剤や安定剤などを服用している人に多いです。そして、どうしたらいいか分からないまま、ダラダラした状態をやむを得ず続けているのです。心の力は筋力に似ていて、使わないでいると、どんどん退化します。筋肉を使わないでいると、その力はどんどん弱体化しますが、心も同じような性質があります。自分の意志力を働かせて何かをするということを、ほとんどしない状態で、日々、休んでラクなことばかりをしていると、ますます、心の力が弱体化していきます。

心にもある程度の負荷が不可欠

一定の負荷がないと心の免疫力も育たず、健康を保てないのです。なので、いま、意志力が出ないとか、気力が出ないといっている人は、まずは、リハビリのつもりで、一歩でも二歩でも、意志力、気力を働かせることを毎日やってみるべきです。寝てばかりの人は、日に数時間でも起きているようにしましょう。何もしない人は、自分の周囲を片付けることだけでもやってみましょう。家にとじこもっている人は家の前をほうきで掃いてみましょう。頭は使えば使うほど良くなります。心の力も使えば使うほど強くなります。意志力は使えば使うほど、強くなるのです。

 

関連ページ

夢や希望が湧かないときにどうすればいいか
前世療法を医師が施します[医師による前世療法]催眠療法は医師から受けることが最善です。
主体的な意志を持つことが開運の鍵
運を創るとは、立志発願するということです。誰でも、自分が望むことが必ずあるのですが、それが封印された状態になっていることがあります。
ソリューショントークとプロブレムトーク
前世療法を医師が施します[医師による前世療法]催眠療法は医師から受けることが最善です。
潜在意識の観念と理想実現
前世療法を医師が施します[医師による前世療法]催眠療法は医師から受けることが最善です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
未来世療法 生まれ変わりの法則 潜在意識の働き 自己実現と魂の進化