前世療法・催眠療法

潜在意識浄化は自分に言い聞かせる努力がすべて

「どうしても行動できない、どうしても元気になれない、どうしても不安がとれない」こういう相談をされる人に、潜在意識と心の法則を説明すると、「そんなことを言うけど、あなたは私のこの苦しみがわかっていない、ここまでのどん底を経験してない人間に何がわかる、しょせん、人の苦しみを本当には理解してない」と反論する人もいます。しかし、この壁を超えると、運命は好転してきます。意識を転換し、第一歩を踏み出すことが大切です。

「できない理由づくり」に一生懸命になってないか

セルフトーク(ひとりごと)を変えていく努力を、きちんと素直に実践した人は、みな良い方向に変われているのです。言い訳をして、「できない理由づくり」に励んでいる人は絶対に変われないのです。「できない理由」ではなく、「どうすればできるか」ということを考え続けるしかないのです。自分の気持ちを百パーセント誰かがわかってくれない限り私は変わらないというのは、「わがまま」です。それは「できない理由づくり」です。潜在意識の法則は誰にでもあてはまりますが、人は誰もがそれぞれに心の状態は違います。百パーセント同じというのはありえないものです。わかってもらうための努力よりも、法則をわかろうとする努力を自分がすることのほうが大事なことです。

新しい思考様式を自分にインストールする

「成功者の思考様式・価値観」をそのまま受け入れて、自分の中に取り込めば、誰でも良くなるのです。それを拒否するための理由づくりをしても何の意味もないです。法則を理解するだけです。すべては自分への「言い聞かせ」です。言いきかせ続けるのです。「私にはできる」と言い聞かせ続ける。「私はどんどんよくなる」と言い聞かせ続ける。10万回やってみましょう。やらないで、反論ばかりしてもそれで幸せになることはないのです。自分を変えるには、このような言い聞かせ以外にもするべきことはあります。決して、アファメーションやマインドフルネスだけで変わるものではありません。しかし、それでも、セルフトークを変えていく努力はすべての土台となるのです。そして前世療法はその大転換の突破口を開きます。

潜在意識の働き記事一覧

夢や希望が湧かないときにどうすればいいか。「自分の思い描いたとおりに人生は展開する」という法則を理解して「幸せになる方法」がわかっても、夢や希望がないと進みようがありません。「何を思い描くか」「何を自分の幸せとするか」で人生は決まってしまいます。「立志発願」ができない状態の人は、最初は自分の心の創造活動に自信をもてるようにする必要があります。あきらめの境地になるのは「できる」と思えないからです。「...